Serene Bachは日記などのブログサイトを作成する統合的なウェブログ管理システムです。

WordPressMovableTypeほどメジャーではありませんが、日本人による開発システムなので、情報は得やすいと言えます。

インストールが非常に簡単で、再構築も軽め、管理ページもサクサク動くので、大変軽快で気持ちのいいブログシステムです。

SereneBachの特徴

開発言語:Perl
再構築:あり
データベース:不要
静的生成:トップページとRSSが静的生成。個別記事・月別アーカイブは選択可。全ページ動的生成も可。

関連記事

SereneBachのインストール
ワードプレスをマニュアルでインストールする方法です。

MySQLの設定

エックスサーバーはMySQL4とMySQL5が選択できますが、デフォルトのMySQL4では文字コードが「EUC-JP」に限定されます。
WordPressでは「UTF-8」を利用することとなりますので、MySQL5を利用します。
MySQLデータベースバージョン切り替え後に、MySQLデータベースの追加をしてください。

WordPressをダウンロード

WordPress日本語サイトから最新版のWordPressをダウンロードし解凍します。

WordPressをエックスサーバーへアップロード

WordPressをアップロードします。
FTP設定に関してはFTPの設定をご参照ください。

WordPressのインストール

アップロードが完了したら、ブラウザ(InternetExplorerなど)でアップロードしたURLにアクセスします。
ブログとは元々日記のように時系列的に並んだ記事を記録していくサイトのことで、WEB LOG(ウェブ上の記録の意)が縮まってBLOG(ブログ)と呼ばれるようになった。
そしてWEBサイトの作成に必要なhtmlに関する知識が無い人でも、簡単に自分のホームページを持てることから人気が高まり、FC2ブログ JUGEMライブドアブログウェブリブログ などの無料ブログが多くの支持を得て、爆発的にブログ人口が増加しました。

更に、アマゾン・楽天・A8・Googleアドセンスなどアフィリエイトの普及により、最初からある程度SEO対策が施されているブログはアクセスアップに非常に有効だったので、多くのアフィリエイターがタグを打ってサイトを作成していたのをブログに移行し、更にブログの増加につながりました。

また、芸能人・スポーツ選手・モデル・AV女優までもがブログを利用して情報発信、宣伝に利用し、企業や店舗などでも社長ブログや店長ブログ・スタッフブログなどその利用価値・宣伝効果は誰もが認めるものとなりました。

そして、そのようなブログブームの中から、有名ブロガーの出現、ブログの書籍化など、ブログにより人生が大きく変わった方も沢山おられます。

このようにブログ作成はいろんな効果があり、また誰もが無料で簡単に楽しめるツールとしてこれからも新しい文化を発信してくれることでしょう。
当サイトはMovabletype(以下MT)の再構築時間を確認したかったのでMTで運営していますが、私自身はWordpress(以下WP)を利用することのほうが多いです。
両者は同じブログを構築するシステムですが、使ってみると随分印象が異なります。
現在レンタルサーバーでブログを構築しようと検討している方は参考にしてみてください。
重要なことは結果としてほとんど同じようなサイトを作成することができるので、あまり深みにはまらず、フィーリングで選択していいと思います。

まず、大きな違い
1.動的サイト・静的サイト
2.オープンソース
3.複数サイトの管理
4.開発コード

エックスサーバーでは各種プログラムが自動インストールでき、ブログ関連では、ムーバブルタイプ(MTOS)と、WORDPRESSが対応しています。
ただ、ワードプレスの自動インストールはバージョンが古く、(ME2.0.11)絶対に避けたほうがいい。

まず、ワードプレスのバージョンアップでなされてきたセキュリティ関連の各種対策ができていない。

そして、最新版のWordpressにアップグレードすればいいだろうと思われるかもしれないが、自動インストールされるME2.0系と、現在のWORDPRESS(2.2以降)では文字コードが異なるため、MySQLの文字コードを変換するなど結構手間がかかるので、これからWORDPRESSをはじめたい方などは絶対に避けるべきでしょう。

(参考)
日本語でWordpress
WordPress パッケージ比較

ではどうしたらいいのか。

答えは簡単。
MySQLを作成し、WORDPRESSをマニュアルでインストールすべきです。
エックスサーバーにMovableTypeをインストールするには、MTOS(ムーバブルタイプオープンソース)の自動インストールが便利です。

商用でも無償で使えて、複数サーバーへのインストールも可能なMTOSは、機能的には個人ライセンスや、基本ライセンスなどをマニュアルでインストールした場合と大きくは違わないので、まずは自動インストールから説明します。
自動インストールの場合、データベースはSQLite利用となるので、他社からの引越等でMySQLを選択したい場合は別途データベースの設定等が必要になりますので、マニュアルでインストールしたほうがすっきり出来るでしょう。
私がエックスサーバーを選んだ一番の理由が、MovableTypeを快適に使いたいからです。
もちろん、今まで使ってきたレンタルサーバーでもムーバブルタイプを使ってきたわけだが、記事が増えるとMTの再構築の時間が長くなり、ストレスを感じるようになってくる。そこで、MySQLサーバーのレスポンスがいいエックスサーバーを選択した。
(当ブログはMTOSを自動インストールしたためSQLiteを利用)
そこで、エックスサーバー契約後、MovableType用にサブドメインを作成し、早速MovableTypeをインストールしてみた。

やはり格安サーバーとは快適さが違う。再構築の待ち時間が圧倒的に短く感じる。
track feed
にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ